ビルマ(英語表記)Burma

翻訳|Burma

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ビルマ
Burma

インドシナ半島北西部にある共和国。緬甸とも書く。首都ラングーン
10世紀初めビルマ人が北方から南下してピュー族(唐の驃 (ひよう) )を追い,モン人を退け,11世紀に統一国家パガン朝を建て,小乗仏教国となった。13世紀元朝に攻略されてパガン朝は滅び,アバ朝(シャン人)・トゥングー朝(ビルマ人)・ペグー朝(モン人)が分立。16世紀中ごろにはトゥングー朝が統一したが,モン人により滅亡した。1752年にはコンバウン朝(ビルマ人)が統一し,清軍を退けた。19世紀にはいり,3度イギリス−ビルマ戦争を戦って敗北。1886年イギリス領インドに合併された。20世紀にはいると民族運動が盛んとなり,タキン党の活動もみられて1937年インドから分離してイギリスの準自治領となった。1942年日本軍に占領されたが,反ファシスト人民自由連盟などの抗日運動が続けられ,戦後48年イギリスから独立して共和国となる。1962年にはネ=ウィンによる軍部のクーデタにより社会主義化が宣言され,88年にはソウ=マウンによる軍政となり,89年に国名をミャンマーとした。以後全国民主連盟による民主化運動が続けられている。1997年に東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ビルマ

(Burma) ミャンマーの旧称。緬甸。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ
Bilma

ニジェール東部のオアシス町。アガデス北東約 550km,サハラ砂漠南部のビルマ大砂漠に位置。周辺の小オアシス町の中心地でサハラ砂漠縦断交通路の要衝岩塩ナツメヤシを産するほか牧畜が行われ,周辺のナンキンマメ小麦などを集散。 20世紀初期,リビアを支配していたトルコとフランスがこの地方の領有を争い,フランスの勝利によりニジェール領となった。人口 2415 (1988推計) 。

ビルマ

ミャンマー」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビルマ(Bilma)

ニジェール東部、アガデス州の町。カウアル山地西麓のオアシスに位置する。塩田があり、古くからサハラ隊商路における交易品としてが流通していた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビルマの言及

【ミャンマー】より

…正式名称=ミャンマー連邦Union of Myanmar面積=67万6578km2人口(1996)=4598万人首都=ヤンゴンYangon(日本との時差=-2時間30分)主要言語=ビルマ語通貨=チャットKyat東南アジア,インドシナ半島西部の共和国。1989年,国名のビルマBurmaをミャンマーとビルマ語による呼称に改めた。…

※「ビルマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android