コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス21世 ヨハネスにじゅういっせいJohannes XXI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス21世
ヨハネスにじゅういっせい
Johannes XXI

[生]1210/1220頃.リスボン
[没]1277.5.20. ビテルボ
ポルトガル出身の史上最も学殖豊かな教皇の一人 (在位 1276~77) 。本名 Petrus Juliani。スコラ哲学者としてはペトルス・ヒスパヌス Petrus Hispanusとして知られる。 1228~35年頃パリ大学で学び,シエナ大学で医学を教えた。 72年グレゴリウス 10世の侍医となり,ブラガ大司教,73年トゥスクルム司教枢機卿に任命された。広く普及した教科書『論理学小大全』 Summulae logicales,『霊魂論』 De anima,『眼の書』 Liber de oculoほか多くの医学書を著わし,アリストテレスの『動物論』,偽ディオニュシオスの『聖秩論』の注解などを残した。教皇としてはオルシニ枢機卿を重用したが,宮殿天井落下事故により急逝。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス21世の関連キーワードペトルス・ヒスパヌス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android