コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ウチ

6件 の用語解説(内の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち【内】

[名]
(「中」とも書く)ある一定の区域・範囲の中。
㋐仕切られた内側。内部。「家の」⇔外(そと)
㋑中心または手前に寄ったほう。「に切れ込むシュート」
㋒ある範囲に含まれるもの。「会員のから探す」「これも仕事の」「苦しいにも張り合いがあった」
㋓外から見えないところ。うら。「を探ると、問題があるらしい」
㋔心の中。心。内心。「腹のを探る」「に秘めた思い」
㋕ある数量のなか。「三つのから一つを選ぶ」
㋖ある時間のなか。以内。あいだ。「一瞬のに消えた」「試合が二日のに迫る」「若いに苦労する」
自分が所属しているものをいう。
㋐(「家」とも書く)自分が一員として属する家。また、他人の家も含めて、一般に家庭・家族をいう。「が貧乏で苦労した」「じゅうで出かける」「よその
㋑(「家」とも書く)自分の夫、また、妻。「に相談してからにします」
㋒自分が所属するところ。「の会社」⇔よそ
㋓手紙の署名で、妻が夫の名に添えて「内」と書き、代筆であることを示す。
(「家」とも書く)建物としての家。家屋。「いいに住んでいる」
(「裡」とも書く。「…のうちに」の形で)物事の行われる状況を表す。「暗黙のに理解しあう」「会は成功のに終わる」
仏教に関すること。仏教以外、特に儒教を「外(そと・ほか)」というのに対していう。
ひと続きの時間。特に、現世という限られた時間。
「たまきはる―の限りは平らけく安くもあらむを」〈・八九七〉
内面。内輪。うちとけた面。
「外(ほか)には仁義礼智信の五常を守りつつ、―にはまた、花鳥風月、詩歌管絃を専らとし」〈謡・経政
宮中。内裏(だいり)。
「君はまづ―に参り給ひて」〈・若紫〉
天皇。
「―の渡らせ給ふを、見奉らせ給ふらむ御心地」〈・一二八〉
[代]一人称の人代名詞。わたし。わたくし。自分。関西地方で、多く女性が用いる。「は嫌やわ」
[アクセント]17はウチ。
[用法]うち・なか――ある仕切りで区切られた空間・平面などを表す場合は、「外は寒かったが、部屋の内(中)には暖かく火が燃えていた」のように、「内」も「中」も同じように使うが、「内」のほうがやや文語的な言い方である。◇ある状態にあることを示す「雨の中を歩く」「忙しい中を無理に頼む」などは「内」に置き換えられない。また「中の指」のように順序の中間を示すときも「内」とはいわない。◇「大勢の応募者の内(中)から選ばれた人」のように「内」「中」は、また、ある範囲を示すこともある。この場合、ある時間の範囲内であることを示す「朝、まだ暗い内に出発した」や、事柄がある範囲に含まれることを示す「苦労するのも勉強の内だ」などでは、「内」を「中」で置き換えることはできない。
[下接句]足元の明るいうち蝙蝠(こうもり)も鳥の内舌の根の乾かぬうち自慢高慢馬鹿(ばか)の内腹も身の内卑下も自慢の内目の黒いうち目高も魚(とと)の内夜目(よめ)遠目(とおめ)笠(かさ)の内

だい【内】[漢字項目]

ない

ない【内】

うち。なか。内部。「ディスクの情報」

ない【内】[漢字項目]

[音]ナイ(呉) ダイ(漢) [訓]うち
学習漢字]2年
〈ナイ〉
ある範囲のうちがわ。「内外内臓内部内面内容案内以内屋内管内圏内構内国内車内体内町内
仲間うち。組織や国の中。「内訌(ないこう)内政内戦内紛内乱
家庭。妻。「内室内助家内
宮中。朝廷。「内供(ないぐ)内帑(ないど)
表立たないさま。うちうち。「内示内情内定内偵内密
中に入れる。「内服内用
〈ダイ〉
うちがわ。「宇内海内境内
宮中。「内裏参内入内(じゅだい)
〈うち〉「内側内金(うちきん)内幕幕内身内
[名のり]ただ・ちか・のぶ・はる・まさ・みつ
[難読]内耗(うちべり)河内(かわち)内障(そこひ)内匠(たくみ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ない【内】

うち。なか。内側。
〘仏〙 仏教の側から、仏教の立場をとる教え、書物などをさす言葉。 ↔

ない【内】

【 内 】 [音] ナイ ・ダイ
一定の範囲のなか。うち。 「 《 ナイ 》 内科 ・内海 ・内外 ・内角 ・内港 ・内在 ・内耳 ・内接 ・内臓 ・内地 ・内野 ・内容 ・以内 ・管内 ・国内 ・室内 ・市内 ・車内 ・城内 ・体内 」 「 《 ダイ 》 宇内 ・海内 ・境内けいだい
心の中。 「 内省 ・内面 」
家庭の内部。家のなか。 「 内儀 ・内室 ・内助 ・家内 」
宮中に関すること。 「 《 ナイ 》 内苑 ・内記 ・内府 」 「 《 ダイ 》 内裏 ・参内 ・入内じゆだい
組織や共同体の内部。なかまうち。 「 内訌ないこう ・内紛 ・内乱 」
公表されない。うちうちの。 「 内意 ・内縁 ・内応 ・内規 ・内済 ・内緒 ・内申 ・内談 ・内通 ・内定 ・内偵 ・内内 ・内密 ・内命 」
いれる。 「 内服 ・内用薬 」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内の関連キーワード局限区内破落戸等差方式放列論弁青いプロピルスイス方式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内の関連情報