神宮雑例集(読み)じんぐうぞうれいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神宮雑例集
じんぐうぞうれいしゅう

伊勢神宮の由緒,経営,行事などについて,上代から鎌倉時代初期までの沿革を,神宮や朝廷の記録文書に基づいて編述したもの。2巻。成立は鎌倉時代初期と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんぐうぞうれいしゅう【神宮雑例集】

伊勢の神宮の上代より鎌倉初期までの由緒,神領,行事などについて記した史書。2巻。巻一に御鎮座事,付として宮地を改むる事,二社太神宮朝夕御饌事,御井社事,神封事,巻二に神宮四至事,内侍所事,心御柱事,天平賀(あめのひらか)事,政印事,年中行事事と10項目にわたって記す。神宮の古伝,また当時京都方面に存し,現在に伝えられていない史料などを基礎として編述されたものとみられ,神宮史,神道史のみならず,古代史研究上も重要な一書

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android