コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネ祭 ヨハネさいFeast of the Nativity of Saint John the Baptist

世界大百科事典 第2版の解説

ヨハネさい【ヨハネ祭 Feast of the Nativity of Saint John the Baptist】

バプテスマのヨハネの生誕祭。6月24日。ヨハネがユダヤの祭司ザカリヤと妻エリサベツの子としてイエス・キリストより6ヵ月早く生まれ,長じて後,キリストに洗礼を施したことは聖書に詳しく記されている(《ルカによる福音書》1:13~20,《マタイによる福音書》3:13~16ほか)。したがって,クリスマスが12月25日に定められると,彼の誕生日は6月24日の夏至Midsummer Dayの日となった。ヨハネ祭という名称はキリスト教的表現であるが,夏至の祝祭はキリスト教よりはるかに古く,全ヨーロッパで広く祝われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨハネ祭の言及

【休日】より

…その他の異教時代の祝日にもいちいちキリスト教の祝日名がかぶせられた。たとえば,ハローマスは万聖節,キャンドルマスは〈聖マリアの御潔めの祝日〉,古代ローマの春分の日の3月25日は〈受胎告知日〉,夏至は〈洗礼者聖ヨハネの生誕の祝日〉(ヨハネ祭)と呼ばれるようになった。 中世後期になってもなお,遠い父祖から伝わる異教時代の祭りを,農民が教会の庭で思うさま楽しむことができたのは,教会の寛大なはからいによるものであった。…

【夏至】より

…現行の太陽暦では6月21日ころになるが,旧暦では夏至を含む月を5月とするという規則があった。【内田 正男】
[ヨーロッパの民俗]
 太陽神崇拝がゲルマン人の間にあったことはカエサルの記述からも知れるが,キリスト教公認後は早くから夏至は聖ヨハネ祭(6月24日),冬至はクリスマスにとって代わられた。しかし聖ヨハネ祭の風習は古い伝統的なものを数多く残している。…

【火】より

…詩人W.ブレークは怒りを,S.フロイトはリビドーを火にたとえ,またW.B.イェーツは想像力を火に象徴させている。
[西洋の民俗]
 ヨーロッパでは古くから聖ヨハネの祝日(ヨハネ祭,6月24日)やクリスマス(12月25日),十二夜,四旬節など季節の祭りに祝火を焚く習慣がある。祝日の前夜に人々が丘や広場に集まり,火壇を作ってこれを燃やし,子どもが火の上を跳んだり歩いたりして無病息災を願った。…

※「ヨハネ祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヨハネ祭の関連キーワードニュルンベルクのマイスタージンガーブルクマイアーブルクマイルル・モアルバプテスマ祝祭日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android