コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好 みよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好
みよし

徳島県北西部,東みよし町北西部の旧町域。吉野川中流の北岸にある。 1955年昼間町と足代村が合体して町制。 2006年三加茂町と合体して東みよし町となった。大部分は讃岐山脈に属する山地。古くから香川県とのつながりが強く,峠を越えて借耕牛 (かりこうし) を送っていた。かつては河岸段丘上でタバコの栽培が行なわれたが,近年は肉牛の飼育やカキなどの果樹栽培が中心。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みよし

愛知県中央部にある市。名古屋市豊田市ベッドタウンとして発達するほか、自動車関連の事業所や工場などが多数立地する。平成22年(2010)に三好町市制施行して成立。人口6.0万(2010)。
[補説]市名決定に際し、総務省は既存の市名と同名を容認したが、先に市となっていた徳島県三好市が拒否したためひらがな表記となった。また同音三次市が広島県にある。

みよし【三好】[地名]

徳島県西端にある市。高知県から流れ込む吉野川の渓谷、大歩危(おおぼけ)小歩危(こぼけ)は交通の難所として知られる。平成18年(2006)3月に三野(みの)町・池田町・山城町・井川町東祖谷山(ひがしいややま)村・西祖谷山村が合併して成立。旧三野町部分は飛び地となっている。人口3.0万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みよし【三好】

徳島県西部、吉野川中流域にある市。古来交通の要地。農業が主。古くからのタバコの産地。大歩危おおぼけ・小歩危こぼけの峡谷がある。

みよし【三好】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三好の関連キーワード徳島県三好市池田町中西フロノタニ徳島県三好市池田町西山久保ノ上徳島県三好市池田町中西ヤマバタ徳島県三好市西祖谷山村ふしろ山徳島県三好市池田町中西マガリタ徳島県三好市池田町中西ミヤオカ徳島県三好市池田町中西フルトノ徳島県三好市池田町西山山上志垣徳島県三好市池田町中西ホリキリ徳島県三好市西祖谷山村西岡向徳島県三好市池田町西山寒常端徳島県三好市西祖谷山村戸ノ谷徳島県三好市西祖谷山村徳善北徳島県三好市池田町西山上中尾徳島県三好市西祖谷山村土日浦徳島県三好市西祖谷山村徳善西徳島県三好市池田町西山大佐古徳島県三好市池田町西山上久保徳島県三好市池田町西山石休場徳島県三好市池田町中西道ノ上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三好の関連情報