コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨリーのばね秤 ヨリーのばねばかりJolly's balance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨリーのばね秤
ヨリーのばねばかり
Jolly's balance

液体や固体の比重を決定するためのばね秤。ドイツの物理学者 P.ヨリーによって 1864年に発明された。細い針金をコイル状に巻いた長いばねの上端を固定し,下端に測定物体を載せる皿が2つ上下についている。上皿は空気中に,下皿 (籠状) は水中に絶えず入るようにする。比重をはかるためにはまず上皿に測定物体を載せ,ばねのうしろにそれと平行につけた一様な目盛りでその伸びをはかり,次に物体を水中の下皿に載せて,そのときの伸びをはかる。求める比重は,空気中における伸びを,空気中と水中との伸びの差で割ったものである。精度はよくないが簡便な方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android