コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

デジタル大辞泉プラスの解説

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

ドイツのライプツィヒを拠点とするオーケストラ。1743年に設立。名称はゲヴァントハウス(織物見本市の会場)で演奏を行っていたことに由来する。主な指揮者はアルトゥール・ニキシュ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ブルーノ・ワルター、ヘルマン・アーベントロー、フランツ・コンヴィチュニーなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の関連キーワードゲヴァントハウス弦楽四重奏団ヘルベルト ブロムシュテットペーター コンヴィチュニーアルトゥール ニキシュリッカルド シャイーゲルハルト ボッセペーター レーゼルルドルフ ケンペクルト マズア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android