会場(読み)かいじょう

精選版 日本国語大辞典「会場」の解説

かい‐じょう クヮイヂャウ【会場】

〘名〙 合、会議や催し物を開く所。
※三国伝記(1407‐46頃か)六「軈て卅三人僧衆を召請し、首尾三十三日に彼御堂を会場とし、大般若を信読せしめ」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「会場の中央には錦繍を以て装飾せし大卓あるは」

え‐じょう ヱヂャウ【会場】

〘名〙 仏語。説法、法会(ほうえ)などの行なわれる場所。また、死者の追善供養をいとなむ場所。
※宴曲・宴曲抄(1296頃)法華「彼此会場(ヱヂャウ)の有様も、由ありてぞや覚ゆる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android