ライプツィヒ・バッハ音楽祭

デジタル大辞泉プラスの解説

ライプツィヒ・バッハ音楽祭

ドイツのザクセン州ライプツィヒで開催される音楽祭聖霊降臨祭の3週間前の金曜から10日間開催される。1904年に新バッハ協会創設を記念して催された演奏会が起源。以後断続的ながら東独時代にも続けられ、100年以上の歴史をもつ。ヨハン・セバスティアン・バッハが長年音楽監督を務めたトーマス教会やゲヴァントハウスなどを会場に、さまざまな演奏会が催される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android