コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライラックML

1件 の用語解説(ライラックMLの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ライラックML

ライラック号を製造した丸正自動車製造は、本田宗一郎氏が経営していたアート商会等での経験を経て、伊藤正氏が昭和23年に浜松に設立した。シャフトドライブが採用されていたのが大きな特徴であり、現在でも愛好者の集い「ライラック友の会」が毎年開催されている。製作(製造)年1950
製作者(社)丸正自動車製造株式会社
資料の種類量産品
車名ライラックML
会社名丸正自動車製造株式会社
車種・用途二輪車(原動機付自転車)
製作開始年1950
設計者溝淵 定
スタイルオートバイ
車両重量95kgf
エピソード・話題性丸正自動車が市販ベースに載せた第1号
全長2050mm
全幅840mm
全高945mm
前照灯(あり)
タイヤサイズ(前)2.75-24
タイヤサイズ(後)2.75-24
フレーム鉄パイプダブルクレードル
懸架方式(前)テレスコピック式
懸架方式(後)リジッド
軸距1260mm
ステアリングバーハンドル
ブレーキ(前)機械式
ブレーキ(後)機械式
走行安定装置なし
種類空冷4サイクルガソリン
気筒配列単気筒
弁機構OHV
気化器あり
内径x行程55.0×62.0mm
排気量0.148L
最高出力/回転数3.3HP/4000rpm
過給機なし
始動方式キック式
燃料タンク容量17L
特徴シャフトドライブ
変速機2段
動力伝達方式シャフトドライブ式
参考文献モーターサイクリスト1987年8月増刊「国産モーターサイクル戦後史」
その他事項燃料噴射:なし;比出力:90.8PS/L;最高速度:80km/h;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライラックMLの関連キーワード製薬JAW山本惣治

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone