コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原動機付(き)自転車 ゲンドウキツキジテンシャ

5件 の用語解説(原動機付(き)自転車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんどうきつき‐じてんしゃ【原動機付(き)自転車】

エンジンの排気量50cc以下の小型のオートバイ。原付き。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原動機付自転車【げんどうきつきじてんしゃ】

法規上の分類による車両の一種。道路運送車両法では機関総排気量50cc以下のものを第一種,125cc以下50cc超の二輪車を第二種と分ける。道路交通法では50cc以下のものをさし,運転には原付(原動機付自転車)免許が必要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

損害保険用語集の解説

原動機付自転車

自動車保険における「原動機付自転車」は下記が該当となります。
二輪では原動機の総排気量が125cc以下、または定格出力が1.00キロワット以下のもの。
三輪以上では原動機の総排気量が50cc以下、または定格出力が0.60キロワット以下のもの。(キャタピラ・そりを備えたものを除く)

出典|自動車保険・医療保険のソニー損保
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原動機付自転車
げんどうきつきじてんしゃ

オートバイ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原動機付自転車
げんどうきつきじてんしゃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原動機付(き)自転車の言及

【オートバイ】より

…日本では小型のものをモーターバイクと呼ぶ場合も多く,またスクーターはオートバイの範疇(はんちゆう)に含めないのがふつうである。なお,〈道路交通法〉ではエンジンの排気量51cc以上のものを自動二輪車,50cc以下のものを原動機付自転車と呼んで区別している。 1885年ドイツのG.ダイムラーが,ガソリンエンジンをサドルの下に取り付け,ベルトにより後輪を駆動させる二輪車を製作したのがオートバイの始まりである。…

※「原動機付(き)自転車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原動機付(き)自転車の関連キーワードモーターバイク原動機付き自転車バイク原付特約二輪自動車原動機付自転車に関する盗難危険不担保特約原付自転車自動車損害賠償責任再保険二輪自動車・原動機付自転車に関する盗難危険不担保特約原動機付自転車担保特約(自動車保険における)自動車の範囲

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone