原動機付自転車(読み)げんどうきつきじてんしゃ

百科事典マイペディアの解説

原動機付自転車【げんどうきつきじてんしゃ】

法規上の分類による車両の一種。道路運送車両法では機関総排気量50cc以下のものを第一種,125cc以下50cc超の二輪車を第二種と分ける。道路交通法では50cc以下のものをさし,運転には原付(原動機付自転車)免許が必要。→オートバイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

損害保険用語集の解説

原動機付自転車

自動車保険における「原動機付自転車」は下記が該当となります。
二輪では原動機の総排気量が125cc以下、または定格出力が1.00キロワット以下のもの。
三輪以上では原動機の総排気量が50cc以下、または定格出力が0.60キロワット以下のもの。(キャタピラ・そりを備えたものを除く)

出典 自動車保険・医療保険のソニー損保損害保険用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんどうきつき‐じてんしゃ【原動機付自転車】

〘名〙 エンジンの排気量五〇cc以下の二輪車。原付き。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の原動機付自転車の言及

【オートバイ】より

…日本では小型のものをモーターバイクと呼ぶ場合も多く,またスクーターはオートバイの範疇(はんちゆう)に含めないのがふつうである。なお,〈道路交通法〉ではエンジンの排気量51cc以上のものを自動二輪車,50cc以下のものを原動機付自転車と呼んで区別している。 1885年ドイツのG.ダイムラーが,ガソリンエンジンをサドルの下に取り付け,ベルトにより後輪を駆動させる二輪車を製作したのがオートバイの始まりである。…

※「原動機付自転車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原動機付自転車の関連情報