浜松(読み)ハママツ

  • 地名

デジタル大辞泉の解説

浜辺の松。
「昨日こそ君はありしか思はぬに―の上に雲にたなびく」〈・四四四〉
静岡県西部の市。徳川家康居城となり、井上氏らの城下町東海道宿場町として発展。織物楽器自動車工業が盛ん。平成17年(2005)7月、周辺11市町村を編入。平成19年(2007)4月、指定都市となった。人口80.1万(2010)。
[補説]浜松市の7区
北区天竜区中区西区浜北区東区南区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

静岡県西部にある市。指定都市。徳川家康が居城を置いた地で、近世は水野氏・井上氏など譜代大名の城下町。東海道の宿場町。近年は繊維・楽器・自動車などの工業が盛ん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 浜辺にはえた松。浜辺の松。海松。
※万葉(8C後)一五・三七二一「ぬばたまの夜明しも船は漕ぎ行かな御津の波麻末都(ハママツ)待ち恋ひぬらむ」
[2]
[一] 静岡県西部の地名。古くから東海道の宿駅として発達。江戸時代、東海道五十三次の宿場町、浜松藩の城下町となる。明治以後楽器・織物の工業が、第二次世界大戦後はオートバイ・自動車製造工業が立地し、商工業都市として発展。貝塚など古代遺跡が多い。明治四四年(一九一一)市制。周辺市町村を編入し、現在は天龍川の中・下流域を広く占める。
[二] 明治四年の廃藩置県により堀江県を改めて遠江国に設置された県。同九年静岡県に併合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浜松の言及

【海藻】より

…《料理物語》(1643)は〈磯草(いそくさ)之部〉として25種の名をあげ,ホンダワラは煮物,なますなどにするとしている。同書には,ほかに珍しいものでは〈しやうかのひぼ〉〈浜松(はままつ)〉などがあり,淡水産の〈日光(につこう)のり〉の名も見える。しやうかのひぼはヒモノリという種類で,〈経の紐(きようのひも)〉とも呼んだ。…

※「浜松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜松の関連情報