コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウハウグ岩 ラウハウグがんrauhaugite

岩石学辞典の解説

ラウハウグ岩

ドロマイト─カーボナタイトである.脈岩で多量のドロマイト(約90%)に燐灰石とアルカリ長石が伴われる[Brögger : 1921].エッケルマンはこの岩石をベフォルサイト(beforsite)の深成岩に相当するものと考えた[Eckermann : 1948].ノルウェー,フェン(Fen)地方のラウハウグ(Rauhaug)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ラウハウグ岩の関連キーワードドロマイト

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android