コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェン フェンFenn, John B.

2件 の用語解説(フェンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェン
フェン
Fenn, John B.

[生]1917.6.15. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]2010.12.10. バージニアリッチモンド
アメリカ合衆国分析化学者。2002年に「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」により田中耕一クルトビュートリヒとともにノーベル化学賞を受賞した。フェンと田中は「質量分析のための『脱イオン化法』の開発」を評価された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェン
ふぇん
John B. Fenn
(1917―2010)

アメリカの化学者。1940年エール大学で化学博士号を取得。1967年エール大学教授に就任、1987年同大学名誉教授。1994年よりバージニア・コモンウェルズ大学教授。
 1988年に、タンパク質溶液を強い電場を使って噴霧することで電荷をもったタンパク質溶液の液滴をつくり、その液滴中の水が蒸発することで自由に浮遊するタンパク質イオンを得る「エレクトロスプレーイオン化法(ESI=Electrospray Ionization)」を開発した。それまでの質量分析は低分子のタンパク質に限られていたが、この方法でイオン化することによって生体高分子の質量分析が可能となった。タンパク質の分析が簡単にできるようになったことで、生体中のタンパク質の構造や機能を知ることができるようになり、医薬をはじめとするさまざまな分野における研究が飛躍的に進んだ。これらの業績により、2002年のノーベル化学賞をK・ビュートリッヒ、田中耕一とともに受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フェンの関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェンの関連情報