コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクタンチウス Lactantius, Lucius Caelius(Caecilius) Firmianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクタンチウス
Lactantius, Lucius Caelius(Caecilius) Firmianus

[生]240頃.北アフリカ
[没]320頃
キリスト教の護教家。 290年頃ローマ皇帝ディオクレチアヌスによりニコメディアに招かれ帝室のラテン修辞学教師となった。その頃 (300頃) 改宗し,大迫害 (303) のとき追放された。晩年はコンスタンチヌス1世 (大帝) の子クリスプスの教師となった。主著は異教哲学を論駁した『神聖教理』 Divinae institutiones (7巻) ,『神の怒りについて』 De ira dei,大迫害の重要な史料『迫害者の死について』 De mortibus persecutorumなど。キリスト教のキケロと称された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラクタンチウスの関連キーワードアルノビウス基礎神学ラバルム

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android