ラクトアルブミン

  • lactalbumin

化学辞典 第2版の解説

乳タンパク質の一種.牛乳の場合,カゼインを除いた残りのタンパク質の約12% を占め,分子量1.7×104,132個のアミノ酸よりなる.α-ラクトアルブミンは酵素としての機能をもたないが,A,Bの2個のサブユニットよりなる乳糖合成酵素のB鎖(調節サブユニット)に等しい.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android