コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグナ地区 ラグナちくDistrito Laguna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラグナ地区
ラグナちく
Distrito Laguna

メキシコ中北部の高原盆地にある農業地帯。コアウイラ州南西部からドゥランゴ州北東部にかけて広がる面積約 1260km2の灌漑地帯で,浅い湖が多数あることからラグナ(スペイン語で「湖」の意)地区と命名された。1850年代まではアシエンダ(私有制大農園)に属する放牧地であったが,1936年の農地改革によりエヒド(村落共有制土地制度)のもとにインディオの集落に分与された。ナサス川とアグアナバル川の河水灌漑用水としてワタが栽培され,当初綿花生産が飛躍的に上がったが,1950年代初めの大干魃後著しく減少。その後政府は農民を再配置し,新しい灌漑計画を開始。主要都市はトレオンゴメスパラシオ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android