ラグビーワールドカップ(読み)らぐびーわーるどかっぷ(英語表記)Rugby World Cup

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラグビーの世界選手権。略称ラグビーW杯。各国・地域のラグビー協会の統括組織であるワールドラグビーWorld Rugby(略称WR、2014年に国際ラグビーボード=IRBから改称)主催。1987年に第1回大会が開催され、以後4年ごとに行われている。世界のおよそ80か国・地域の代表チームが参加して5地区に分かれて地区予選が行われ、本大会の出場権を獲得した20チームによる全48試合を行い、ラグビー世界一を決定する。

 本大会は予選プールと決勝トーナメントで構成されている。予選プールは、5チームずつに分かれた4グループが総当り戦を行い、勝ち点で順位を決める。勝利に4、引き分けに2の勝ち点が与えられ、これとは別にボーナスポイントとして、4トライ以上獲得した場合と、7点差以内で負けた場合に1ポイントが付与される。各グループ上位2チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントは、引き分けのない勝ち抜き方式で勝敗を争い、優勝チームを決定する。なお、予選プールで各グループ上位3位以内に入ったベスト12の代表チームは、次回大会の地区予選が免除され、自動的に出場権が与えられる。本大会出場権の残りの8枠は、うち7枠が地区予選に配分され、1枠が大陸間プレーオフの勝ち残り戦で決定される。

 1987年にオーストラリアとニュージーランドに16か国・地域が招待されて第1回大会が行われ、ニュージーランドが初代王者となった。

 各大会の開催地と優勝国は次のとおりである。

第1回大会(1987年・オーストラリア、ニュージーランド)ニュージーランド
第2回大会(1991年・イングランド)オーストラリア
第3回大会(1995年・南アフリカ)南アフリカ
第4回大会(1999年・ウェールズ)オーストラリア
第5回大会(2003年・オーストラリア)イングランド
第6回大会(2007年・フランス)南アフリカ
第7回大会(2011年・ニュージーランド)ニュージーランド
第8回大会(2015年・イングランド)ニュージーランド
 2019年大会は日本で開催される。日本はアジアで初の開催国となる。日本代表チームは第1回から出場しており、2011年の第7回大会までの勝利数は1であったが、2015年の第8回大会で3勝し、通算成績は4勝22敗2分となった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラグビーワールドカップの関連情報