コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグビーワールドカップ らぐびーわーるどかっぷ Rugby World Cup

1件 の用語解説(ラグビーワールドカップの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラグビーワールドカップ
らぐびーわーるどかっぷ
Rugby World Cup

ラグビーの世界選手権。略称ラグビーW杯。各国・地域のラグビー協会の統括組織であるワールドラグビーWorld Rugby(略称WR、2014年に国際ラグビーボードIRBから改称)主催。1987年に第1回大会が開催され、以後4年ごとに行われている。世界のおよそ80か国・地域の代表チームが参加して5地区に分かれて地区予選が行われ、本大会の出場権を獲得した20チームによる全48試合を行い、ラグビー世界一を決定する。
 本大会は予選プールと決勝トーナメントで構成されている。予選プールは、5チームずつに分かれた4グループが総当り戦を行い、勝ち点で順位を決める。勝利に4、引き分けに2の勝ち点が与えられ、これとは別にボーナスポイントとして、4トライ以上獲得した場合と、7点差以内で負けた場合に1ポイントが付与される。各グループ上位2チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出する。決勝トーナメントは、引き分けのない勝ち抜き方式で勝敗を争い、優勝チームを決定する。なお、予選プールで各グループ上位3位以内に入ったベスト12の代表チームは、次回大会の地区予選が免除され、自動的に出場権が与えられる。本大会出場権の残りの8枠は、うち7枠が地区予選に配分され、1枠が大陸間プレーオフの勝ち残り戦で決定される。
 1987年にオーストラリアとニュージーランドに16か国・地域が招待されて第1回大会が行われ、ニュージーランドが初代王者となった。
 各大会の開催地と優勝国は次のとおりである。
第1回大会(1987年・オーストラリア、ニュージーランド)ニュージーランド
第2回大会(1991年・イングランド)オーストラリア
第3回大会(1995年・南アフリカ)南アフリカ
第4回大会(1999年・ウェールズ)オーストラリア
第5回大会(2003年・オーストラリア)イングランド
第6回大会(2007年・フランス)南アフリカ
第7回大会(2011年・ニュージーランド)ニュージーランド
第8回大会(2015年・イングランド)ニュージーランド
 2019年大会は日本で開催される。日本はアジアで初の開催国となる。日本代表チームは第1回から出場しており、2011年の第7回大会までの勝利数は1であったが、2015年の第8回大会で3勝し、通算成績は4勝22敗2分となった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラグビーワールドカップの関連情報