コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラザル Gheorghe Lazǎr

世界大百科事典 第2版の解説

ラザル【Gheorghe Lazǎr】

1779‐1823
ルーマニア教育者。オーストリア領であったトランシルバニアのアブリグに生まれ,クルジュシビウおよびウィーンで学んだ。1816年ブカレストへ移り聖サバ修道院に学校を開き,初めて母語による教育を実施した。彼の影響でそれまでギリシア人学校で学んでいた者が多数聖サバ校へ移籍したばかりでなく,のちの民族文化運動の指導者がここから育った。21年ワラキアのブラディミレスクの反乱を支持したが,やがて重病にかかり,生地に戻り死去した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラザルの関連キーワードマルシェロ カエターノバネッサ カスターニャアルマン タヴィッドアンダーグラウンド黄金のランデヴーラザルス分類群12月15日オマキザルコソボの戦4月28日住友友芳私擬憲法黒田斉清尾巻猿十訓抄能楽情動

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラザルの関連情報