コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシュキン法 ラシュキンほう Rashkind operation

1件 の用語解説(ラシュキン法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュキン法
ラシュキンほう
Rashkind operation

心臓カテーテル法により,先端にバルーンのついたカテーテルを末梢静脈から右心房へ,さらに卵円孔を介して左心房に挿入し,造影剤で膨張させたバルーンを右心房側に引抜くことによって,心房中隔を裂開する方法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラシュキン法の関連キーワードカテーテル心臓カテーテル法バルーンカテーテル大動脈内バルーンパンピングバルーン拡張術心臓カテーテル手術冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)風船療法(バルーン療法)経皮カテーテル法左心カテーテル法

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone