ラシュキン法(読み)ラシュキンほう(英語表記)Rashkind operation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュキン法
ラシュキンほう
Rashkind operation

心臓カテーテル法により,先端にバルーンのついたカテーテルを末梢静脈から右心房へ,さらに卵円孔を介して左心房に挿入し,造影剤で膨張させたバルーンを右心房側に引抜くことによって,心房中隔を裂開する方法。大血管転位症などのチアノーゼ疾患のように,左心系と右心系の血液混合を増加させることが緊急に必要な場合に行われる。生後3ヵ月以内が望ましい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android