コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大血管転位症 だいけっかんてんいしょうtransposition of the great arteries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大血管転位症
だいけっかんてんいしょう
transposition of the great arteries

正常とは逆に,大動脈が右心室から,肺動脈が左心室から出ている奇形。したがって,右心系が静脈血を大循環系に,左心系が動脈血を小循環系に拍出することになり,生命維持のために両循環系に短絡が必要で,卵円孔や動脈管開存,心房や心室中隔欠損などの合併がみられる。臨床上,心室中隔欠損非合併型,心室中隔欠損合併型,左心室流出路狭窄型の3型に分類される。症状は生後数日で始り,低酸素血症や心不全などで1年以内に大部分が死亡する。治療は手術による。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大血管転位症の関連キーワードブラロック=ハンロン手術トーシク=ビング奇形修正大血管転位(症)修正大血管転位症肺動脈絞扼術ラシュキン法先天性心疾患ラステリ手術心臓奇形心臓病

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大血管転位症の関連情報