ラシュモア[山](読み)ラシュモア

百科事典マイペディアの解説

ラシュモア[山]【ラシュモア】

米国,サウス・ダコタ州西部,スー・インディアンが聖地とみなしていたブラック・ヒルズ山地にある山。花コウ岩の絶壁にワシントンジェファソンリンカン,T.ローズベルトの4大統領の巨大な彫刻があり,100kmの遠方からでも見える。これは1927年―1941年,ボーグラム父子により完成されたもので,国定記念物に指定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラシュモア[山]【Mount Rushmore】

アメリカ合衆国サウス・ダコタ州南西部の山。標高1745mで,ブラック・ヒルズ中にそびえる。ラシュモア山国定記念物があり,アメリカの国家的発展に寄与したとされる4人の大統領,G.ワシントン,T.ジェファソン,A.リンカン,T.ローズベルトを記念して,彼らの顔が花コウ岩の岩壁に彫刻されている。額からあごまでの長さは18mに及び,1927‐41年に作製された。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラシュモア[山]の言及

【サウス・ダコタ[州]】より

…中央部をミズーリ川が流れ,西部に観光地として名高いブラック・ヒルズ山地がある。4人の大統領の顔を刻んだラシュモア山もここにある。1874年,カスター将軍の連隊がこの山地で金を発見し,ゴールドラッシュが起こった。…

※「ラシュモア[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android