コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラストレリ Bartolommeo Francesco Rastrelli

世界大百科事典 第2版の解説

ラストレリ【Bartolommeo Francesco Rastrelli】

1700ころ‐71
ロシアで活躍したイタリア人建築家。ロシア名Varfolomei Varfolomeevich Rastrelli。ロシア・バロックのもっとも代表的な作家に数えられる。おそらくパリに生まれ,1715年に父カルロ・バルトロメオとともにペテルブルグに渡る。西欧諸国で学んだ後,30年再びロシアに赴き,ピョートル大帝の下で建設活動に携わる。大帝の死後,女帝アンナ・イワノブナ,エリザベータ・ペトロブナに仕え,ペテルブルグ郊外の離宮,貴族の城館などを手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラストレリの言及

【キエフ】より

…さらにペチェルスカヤ大修道院のウスペンスキー大聖堂(1075‐89),ズラトベルキー修道院のミハイロススキー主聖堂(1108)など多くの教会堂が建設されたが,いずれも原状をとどめていない。近世の代表的建築では,建築家ラストレリ(1700ころ‐71)によるアンドレーエフスキー教会(1753)がある。また,市内の東西美術館は,6~7世紀の初期のイコンの所蔵で知られる。…

【サンクト・ペテルブルグ】より

…君主の居所である冬宮は,その時々の君主の意志によって5回も作り直されたが,いずれも時代の様式を反映している。第4,第5(木造),第6の冬宮を手がけたB.F.ラストレリは,女帝アンナ・イワノブナのためにはドイツ風のバロックの建物を,フランス趣味の女帝エリザベータ・ペトロブナのためにはロココ様式を選んだ。 18世紀中葉の建築はラストレリ風の豪華絢爛で壮大な様式美が際立っており,左岸のストロガノフ宮殿,ボロンツォフ宮殿がその代表である。…

※「ラストレリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラストレリの関連キーワードラマッツィニクレメンス11世ライネカルロス[2世]キャラコ禁止法北方戦争インダス文明インノケンチウス12世カルロス2世カンタータ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android