コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパタケ(喇叭茸) ラッパタケNeurophyllum clavatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパタケ(喇叭茸)
ラッパタケ
Neurophyllum clavatum

担子菌類ヒダナシタケ目アンズタケ科。林地に孤生または叢生する。初め西洋こま形であるが,頭が平らになりのちにくぼんで漏斗状になる。基部は柄となる。上方の径は3~8cmで,全高4~10cmぐらい。上面は黄色。子実層は初め紫色でのちに肉色となり,最後に灰色またはこげ茶色になる。縁近くにひだがあるが他は網状に皺が寄る。柄の部分は帯白淡紫色。胞子紋は淡黄色。食べられる。北海道,本州に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。なお,ウスタケをラッパタケという地方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android