網状(読み)モウジョウ

岩石学辞典の解説

網状

(1) 網の糸または繊維のように脈や繊維が交差した構造.(2) 結晶の組織の場合は部分的に二次鉱物に変化し,もとの鉱物の残留部分が二次鉱物の網目の間に残っている組織.不変質の残留物(relic)の変質部分が網目状の帯となった組織で,橄欖(かんらん)石から蛇紋石化した蛇紋岩などに見られるように,パッチ状の不変質の残留物を変質帯が網目状に囲む状態.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あみじょう【網状】

網の目のような形状をなしていること。

もうじょう【網状】

網の目のような形・状態。 「 -に発達した道路」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐じょう マウジャウ【網状】

〘名〙 網の目のような形状。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網状の関連情報