コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網状 モウジョウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐じょう〔マウジヤウ〕【網状】

網の目のような形状。あみじょう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

網状

(1) 網の糸または繊維のように脈や繊維が交差した構造.(2) 結晶の組織の場合は部分的に二次鉱物に変化し,もとの鉱物の残留部分が二次鉱物の網目の間に残っている組織.不変質の残留物(relic)の変質部分が網目状の帯となった組織で,橄欖(かんらん)石から蛇紋石化した蛇紋岩などに見られるように,パッチ状の不変質の残留物を変質帯が網目状に囲む状態.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あみじょう【網状】

網の目のような形状をなしていること。

もうじょう【網状】

網の目のような形・状態。 「 -に発達した道路」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

網状の関連キーワードアウトウォッシュ・プレーンF.J. マルヒャントレチキュレーションディクティオナイトペプチドグリカンシリコーン樹脂熱硬化性樹脂ラスモルタル網赤血球増加ガスマントルプレクサスハンモック網状結晶化レチクル座ハッチングメタルラス火屋・火舎網状高分子細胞骨格ゴルジ体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網状の関連情報