網状(読み)モウジョウ

  • もうじょう マウジャウ
  • もうじょう〔マウジヤウ〕

岩石学辞典の解説

(1) の糸または繊維のようにや繊維が交差した構造.(2) 結晶の組織の場合は部分的に二次鉱物に変化し,もとの鉱物の残留部分が二次鉱物の網目の間に残っている組織.不変質の残留物(relic)の変質部分が網目状の帯となった組織で,橄欖(かんらん)石から蛇紋石化した蛇紋岩などに見られるように,パッチ状の不変質の残留物を変質帯が網目状に囲む状態.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 網の目のような形状。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android