コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ共同市場 ラテンアメリカきょうどうしじょうLatin American Common Market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ共同市場
ラテンアメリカきょうどうしじょう
Latin American Common Market

中南米における共同市場形式を目指す構想。 1988年 11月にブラジルアルゼンチン経済統合・協力条約を締結し,各産業分野における協力と 10年以内の関税撤廃という方針を表明したのを機に,南米各国がこれに加わる形で共同市場を形成しようとするもの。 88年にはウルグアイが参加を表明し,またメキシコなどもこの構想の実現に強い期待を持っている。ただし,域内の経済状態の悪化によりこの進展が阻害されるおそれもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラテンアメリカ共同市場の関連キーワード近・現代ラテンアメリカ史(年表)ラテンアメリカ統合連合中南米

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android