コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ共同市場 ラテンアメリカきょうどうしじょうLatin American Common Market

1件 の用語解説(ラテンアメリカ共同市場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ共同市場
ラテンアメリカきょうどうしじょう
Latin American Common Market

中南米における共同市場形式を目指す構想。 1988年 11月にブラジルアルゼンチン経済統合・協力条約を締結し,各産業分野における協力と 10年以内の関税撤廃という方針を表明したのを機に,南米各国がこれに加わる形で共同市場を形成しようとするもの。 88年にはウルグアイが参加を表明し,またメキシコなどもこの構想の実現に強い期待を持っている。ただし,域内の経済状態の悪化によりこの進展が阻害されるおそれもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone