方針(読み)ほうしん

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しん〔ハウ‐〕【方針】

方位を示す磁石の針。磁針。
めざす方向。物事や計画を実行する上の、およその方向。「方針を決める」「方針を誤る」「教育方針

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうしん【方針】

これから進むべき方向。目指す方向。 「将来の-を立てる」 「施政-」
方位を指し示す磁石の針。磁針。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐しん ハウ‥【方針】

〘名〙
磁石の、方位をさす針。磁針
② めざす方向。また、ある事柄を行なう上で、基本とする行ない方。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「輿論の方針(ハウシン)を左右すべき学者の本分を」
※漂泊(1907)〈石川啄木〉二「男の代用教員なんか可成採用しない方針らしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方針の関連情報