方針(読み)ほうしん

精選版 日本国語大辞典「方針」の解説

ほう‐しん ハウ‥【方針】

〘名〙
① 磁石の、方位をさす針。磁針。
② めざす方向。また、ある事柄を行なう上で、基本とする行ない方。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「輿論の方針(ハウシン)を左右すべき学者の本分を」
※漂泊(1907)〈石川啄木〉二「男の代用教員なんか可成採用しない方針らしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「方針」の解説

ほう‐しん〔ハウ‐〕【方針】

方位を示す磁石の針。磁針。
めざす方向。物事や計画を実行する上の、およその方向。「方針を決める」「方針を誤る」「教育方針

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android