コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済統合 けいざいとうごう economic integration

2件 の用語解説(経済統合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済統合
けいざいとうごう
economic integration

市場拡大による大規模生産の利益と生産性の上昇をはかるため,特定の産業部門の統合,域内関税の撤廃,域外共通関税の設定,さらには資本や労働の移動の自由化など,国境を越えて経済的な地域統合を行うこと。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済統合
けいざいとうごう
economic integration

経済的に密接な利害関係にある複数国家が、相互の協力を通じて地域的な経済圏をつくることをいう。経済統合は、国内市場を相互に開放しあうという点では、より広い領域での自由な国際経済関係の構築を目ざすものであるが、経済統合全体としては一つの共通目的のために域外諸国との間での自由な競争を遮断しようとするものであり、統合体を構成する各国が自由にグローバルな(地球的規模の)国際経済関係に直接参加しようとするものではない。
 経済統合には、その協力の程度により、(1)域内国間の貿易については関税や数量制限を撤廃するが、域外国に対しては従来どおりの関税を賦課する自由貿易地域、(2)域外国に対して域内国共通の関税を賦課する関税同盟、(3)域内国間の貿易についてのいっさいの制限を撤廃するだけでなく、資本や労働など生産要素移動についても制限を撤廃する共同市場、(4)さらに域内諸国の経済政策を相互に調整しようとする経済同盟、(5)金融・財政政策などの経済政策を統一的に行う超国家的機構を設定する完全な経済統合、などの形態がある。
 地域主義(リージョナリズム)の一つの発現形態である経済統合がもつ域内自由化と域外差別化の二面性は、静態的には「貿易創出効果」と「貿易転換効果」としてとらえられてきた。前者は、域内貿易の自由化により域内各国間で新しい貿易機会が創出されるという点で経済統合の経済厚生にプラスするものであり、後者は、生産物の供給源が統合体形成を契機として域外低コスト国から域内高コスト国に切り換わる効果で、経済統合の厚生水準にマイナスの影響を与えるものである。統合の形成はこうしたプラスとマイナスの両効果を同時に生み出すので、経済統合の理論は、これらの効果の純効果をプラスにし、かつそれを大きくする条件を追求してきた。その結果、望ましい経済統合を実現する具体的条件が列挙されるに至っているが、結局、経済統合に対する評価は、こうした二つの相反する側面や効果、すなわち、「自由化」と「差別化」、「貿易創出効果」と「貿易転換効果」のいずれが支配的であるかによって異なる。
 しかしながら、経済統合についてはこうした静態的な効果だけではなく、より長期的な展望のもとで生産と貿易の根本的な変化をもたらすという意味での経済統合の動態的効果にも注目しなければならない。まず第一に、経済統合は、域内国が域内での比較優位に従って各国に適した財の生産に特化しこれを交換しあう機会を提供するものであるから、それだけ生産や貿易のパターンは経済的となり、投資方向がより能率的なものとなることが期待できる。第二に、域内諸国間で市場を開放しあうことによる貿易の増大は、規模の経済が重要な工業品でのコスト引下げに役だち、その対域外輸出を可能にする。第三に、地域的な市場の形成は、域内国が比較的容易に生産できる財の地域的自給度を高め、それだけ地域外からの投資財の輸入に利用可能な外国為替(かわせ)を増大させる。これらの効果は、域外からの資本の流入や、域内各国の資本形成を促進し経済成長率を加速させる役割を果たすといえるであろう。
 このような意義を有する経済統合は、現実にヨーロッパにおいて大きな進展をみせている。1958年にヨーロッパ経済共同体(EEC)がフランス、西ドイツ(当時)、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクをメンバーとして発足して以来、これはヨーロッパ共同体(EC)を経て、1993年にはヨーロッパ連合(EU)へと拡大(2008年1月現在、加盟27か国)し、かつ統合の度合いを深化した。深化の点でいえば、1999年以降、統一通貨「ユーロ」が出現し、現にこれが流通するようになったことは画期的なことである(2009年現在、加盟国中16か国が導入)。
 一方、アメリカはこれに対抗する意味もあって、アメリカのほかにカナダ、メキシコをメンバーとする北米自由貿易協定(NAFTA)を1994年に結成し、これを中米、南米を含むアメリカ大陸全体に拡大しようとする意図を示唆している。その中・南米では最大の統合体として、かつてのラテンアメリカ自由貿易連合(LAFTA)を改組したラテンアメリカ統合連合(ALADI)が存在しているほか、中米共同市場(CACM)、南米南部共同市場(=メルコスール、MERCOSUR)、アンデス共同体(Andean Community)がそれぞれ活動を続けている。
 さらにアジアに目を転ずれば、インド、パキスタンなどがメンバーである南アジア地域協力連合(SAARC)があるが、日本にとって、より身近な東南アジア諸国連合(ASEAN、2008年1月現在、加盟国は10か国に拡大している)が実現しようとしているASEAN自由貿易地域(AFTA)が注目されよう。しかしながら、欧米先進国と異なり、日本が今日のところ東アジア共同体構想はあるものの、確固とした地域的な経済統合の基盤をもっていないことは問題である。唯一日本がよりどころとしているものは、主として環太平洋諸国からなるアジア太平洋経済協力(APEC、2009年現在、加盟は21の国と地域)であるが、これは「開かれた地域主義」を標榜(ひょうぼう)する緩やかな経済統合にすぎず、EUやNAFTAに匹敵するものではない。
 最後に、最近注目されている経済統合に、主として2国間で結ばれる自由貿易協定がある。日本は初めて2001年(平成13)にシンガポールとの間で自由貿易協定を締結したことを皮切りに、2009年現在9つの国および地域と同様の協定を結んでいる。一方においてグローバリズムの進展が必要とされているなか、地域的な経済統合がいかなる位置づけを主張できるのか、その将来は理論的にも現実的にもきわめて興味のある問題といえるであろう。[村上 敦]
『ベラ・バラッサ著、中島正信訳『経済統合の理論』(1963・ダイヤモンド社) ▽片野彦二他著『経済統合理論の系譜』(1970・アジア経済研究所) ▽梅津和郎・奥田孝晴・中津孝司編著『途上国の経済統合』(1999・日本評論社) ▽青木健・馬田啓一編著『地域統合の経済学』(1999・勁草書房) ▽田中素香編著『単一市場・単一通貨とEU経済改革』(2002・文真堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の経済統合の言及

【関税同盟】より

…関税同盟に加えて,資本や労働移動の制限をも廃止したり,さらに金融政策・財政政策等に関しても加盟国間相互の調整を行う場合を,それぞれ共同市場,経済同盟という。関税同盟は,こうしたさまざまな経済統合の一形態である。関税同盟結成の効果としては,同盟国内の貿易を活発にする,いわゆる貿易創出効果と,域外諸国からの輸入を同盟国内からの輸入に転換する,いわゆる貿易転換効果がよく知られているが,それだけにとどまるものではない。…

※「経済統合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経済統合の関連キーワード製品-市場拡大グリッド拡大再生産生産性日本生産性本部付加価値生産性単純再生産資本生産性市場生産販売生産性中部生産性本部

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

経済統合の関連情報