コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラノ・ララク遺跡 ラノ・ララクいせきRano Raraku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラノ・ララク遺跡
ラノ・ララクいせき
Rano Raraku

東ポリネシア,イースター島東部のラノ・ララク火山にある巨大な石人像石切り場。石人像は主としてここで切出されたのち,各地に運搬されたもので,イースター島の時代区分の前期からつくられていたことはひざまずいた像の存在から推定できるが,最盛期は中期で,後期にはつくられなくなる。傾斜面には運搬を待つばかりのほぼ完成された像があり,目のみが未完成なのは位置が定まったのちに開眼させたことを物語るものであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android