コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハイナのバニアンツリー ラハイナのバニアンツリー

1件 の用語解説(ラハイナのバニアンツリーの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラハイナのバニアンツリー【ラハイナのバニアンツリー】

アメリカのハワイ州マウイ島、ラハイナ港のタウンスクエアにある、樹齢120年以上のバニアンツリー。ラハイナの町のシンボルとなっている。1873年にキリスト教布教50周年を記念して植えられた。高さが約18mもあり、広場中に広がった幹が大きな木陰をつくっている。週末や休日は朝から青空アート展示会が行われ、12月の初旬からクリスマスにかけては、クリスマスツリーとして電球などが飾りつけられる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラハイナのバニアンツリーの関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島マウイ島マウナケアコナマラソンマウイ・オーシャンフロントマラソンマウイマラソンマウイ[島]ハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone