コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハイナのバニアンツリー ラハイナのバニアンツリー

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラハイナのバニアンツリー【ラハイナのバニアンツリー】

アメリカのハワイ州マウイ島、ラハイナ港のタウンスクエアにある、樹齢120年以上のバニアンツリー。ラハイナの町のシンボルとなっている。1873年にキリスト教布教50周年を記念して植えられた。高さが約18mもあり、広場中に広がった幹が大きな木陰をつくっている。週末や休日は朝から青空アート展示会が行われ、12月の初旬からクリスマスにかけては、クリスマスツリーとして電球などが飾りつけられる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android