コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラパロ Rapallo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラパロ
Rapallo

イタリア北西部,リグリア州ジェノバ県,ジェノバ南東 25kmのラパロ湾に面した港町。 964年歴史に登場,ランゴバルド,ノルマン,スイスに略奪された。気候に恵まれ,観光,園芸,果樹栽培が盛ん。繊維,セメント,オリーブ油を産する。 12世紀の聖堂と 15世紀の城がある。 1917年連合国のラパロ会議開催の地。人口2万 7073 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラパロの関連キーワードチチェーリン(Georgiy Vasil'evich Chicherin)ラーテナウ(Walther Rathenau)ゲオルギイ チチェーリンジョバンニ ジョリッティソビエト連邦史(年表)アグアスカリエンテスユーオンファルスワイマール共和国W. ラーテナウカポレットの戦いベルサイユ体制フィウーメ問題ロカルノ条約ジョリッティスフォルツァペンタメロンイストラ半島ソ連承認問題ジェノバ会議オルテーゼ