ラパ島(読み)ラパとう(英語表記)Rapa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラパ島
ラパとう
Rapa

南太平洋,フランス領ポリネシア南部,オストラル諸島の最南端に位置する火山島。 1791年 G.バンクーバー来航,1887年フランス領。白人との接触後,疫病などにより人口が激減し,かつて 2000人以上いたとされる人口が 1911年には 183人にまで減少した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android