コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラビエヌス Titus Labienus

世界大百科事典 第2版の解説

ラビエヌス【Titus Labienus】

前99ころ‐前45
共和政末期ローマの将軍。前58年から前50年までカエサルの部将(副司令)としてガリアで活躍し,ヘルウェティイ族,ベルガエ族,ネルウィイ族,トレウェリ族,モリニ族に対し,特にセーヌ河辺のガリア人に対する戦役およびアレシアの陣に戦功を立てた。カエサル麾下の最も有能な部将として前50年ガリア・キサルピナの統治をゆだねられたが,内乱の勃発とともにポンペイウス側に移り,ギリシア(特にファルサロスの決戦),アフリカ,スペインで戦ったが,ムンダの決戦で戦死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラビエヌスの関連キーワードタプソスの戦いパコルス1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android