コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラピタ式土器 ラピタしきどき

2件 の用語解説(ラピタ式土器の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ラピタ式土器【ラピタしきどき】

南西太平洋で,紀元前1600年から紀元ころにかけて分布したオセアニア最古の土器。型式名はニューカレドニアのラピタLapita遺跡にちなむ。アウストロネシア語を話す海洋民族がもたらしたといわれ,その分布から広大な海域を航海し,交易を行っていたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ラピタしきどき【ラピタ式土器】

南西太平洋,メラネシアビズマーク諸島ニューブリテン島以東,西ポリネシアまでにわたって,紀元前1600年から紀元ころにかけて分布したオセアニア最古の土器。ニューブリテン島北東岸のワトム島から最初に発見されたが,ニューカレドニア島ラピタLapita遺跡からの出土により型式名となった。焼成温度の低いこわれやすい土器で,粘土の添加物として砂や貝殻粉が使われた。有文のものは30%以下で,文様は繊細な櫛歯や貝殻縁の圧文,隆起線文,沈線による幾何学文などが壺の上半部に施されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラピタ式土器の言及

【オセアニア】より

…そして前1000年ころには遠くメラネシアのフィジー,さらにはポリネシアのトンガ,サモア諸島にまで達した。彼らはラピタ式土器文化をもち,海上交易を行っていた。フィジーにおいてはラピタ式土器以後,沈線文と敲打文(こうだもん)をもつ二つの土器文化が続くが,その影響はトンガやサモアには及ばず,この両諸島のラピタ系土器文化は後300年ころには消滅している。…

※「ラピタ式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラピタ式土器の関連キーワードオセアニアクック諸島サンタクルーズ諸島トラック諸島ビスマーク諸島ミクロネシアメラネシアメラネシア語派ラバウルトライネシア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone