コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出土 シュツド

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐ど【出土】

[名](スル)遺物や遺跡が土の中から出ること。「土器が出土する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつど【出土】

( 名 ) スル
考古学の資料となる遺物や化石などが土の中から掘り出されること。 「土器が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出土の関連キーワードアナトリア文明博物館茅野市尖石縄文考古館アティランバカム遺跡兵庫県豊岡市神美台東京都昭島市宮沢町マトゥラ考古博物館ディピュロン様式熊本県立美術館赤堀茶臼山古墳年号入りの刀剣ひかわ銅剣の日佐太オルドバイ遺跡江田船山古墳二枚橋2遺跡亀ケ岡式土器宇木汲田遺跡三内丸山遺跡帝釈峡遺跡群五領ヶ台貝塚

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出土の関連情報