コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフマニノフ:幻想的小品集/piano solo Morceaux de fantaisie

1件 の用語解説(ラフマニノフ:幻想的小品集/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラフマニノフ:幻想的小品集/piano solo

ラフマニノフがモスクワ音楽院を卒業した翌年の1892年に作曲された。この曲集の第2曲《前奏曲 嬰ハ短調》によって、ラフマニノフは一躍有名になった。ピアノ曲で最初の出版物にあたる。初演は1892年、モス ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラフマニノフ:幻想的小品集/piano soloの関連キーワードグレチャニノフラフマニノフスクリャービンシュニトケラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第1番 嬰ヘ短調/piano and orchestra(concerto)ラフマニノフ:組曲 第1番 「幻想的絵画」/2 pianos 4 handsラフマニノフ:組曲 第2番/2 pianos 4 handsラフマニノフ:楽興の時/piano soloババジャニンローゼンブラット

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone