コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマーディ Ar-Ramādī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマーディ
Ar-Ramādī

イラク西部,アンバール県の県都。バグダードの西 96km,ユーフラテス川右岸に位置する。西のシリア砂漠とメソポタミア平原との境界地帯にあり,バグダードからシリア,ヨルダンを経由して地中海にいたる砂漠横断ルートの門戸として栄えてきた。現在の町は 1869年ドゥライム族遊牧民の定着化政策の一環として建設された。南東のハッバーニーヤ湖 (貯水湖) に送るための取水堰堤が建設され,周辺の灌漑計画とともに,洪水時の水を調節する。人口 13万 7388 (1985推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラマーディの関連キーワードシンハーサナ・ドゥバートリンシカーチャンドラグプタ[2世]チャンドラグプタ(2世)ミタークシャラー学派チャンドラグプタ2世チャールキヤ朝パッタダカルカーリダーサビクラマ紀元インドの暦ハディーサビルハナグプタ朝バクーアナーヒートルトバ世親

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android