コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミナイト laminite

1件 の用語解説(ラミナイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ラミナイト

(1) リズマイト(rhythmite)のうち,ひんぱんな葉理(lamina)をもつものは,必ずしも周期的に繰り返すとは限らないので,葉層(laminae)の形成で規則的な周期性との関係を避けるために,リズマイト(rhythmite)の代わりにラミナイトという語を用いた[Knopf : 1951].(2) ロンバルドは葉状の堆積物で,特にフリッシュ(flisch)相に伴われる砕屑岩で,種々の形式の葉理構造をもつものとした.頁岩と互層するラミナイトIと,単層の内部で葉理構造が見られるラミナイトIIとに区分される[Lombard : 1963].ラミナイトIIはタービダイトの内の上部に見られる葉理で特徴づけられる部分のみが特に発達したもの[木村ほか : 1973].(3) 葉状(laminated)の火成岩で,普通はガラス質の組成をもつ岩石[Philip : 1936].(4) 成因は問わずに細かい葉理が発達した砕屑岩をいう[地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラミナイトの関連キーワードマイコプラズマ屑米懲りずまに居住い仮住い借住い住い独り住いプリズマ容器リズマイト

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone