コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミナイト laminite

岩石学辞典の解説

ラミナイト

(1) リズマイト(rhythmite)のうち,ひんぱんな葉理(lamina)をもつものは,必ずしも周期的に繰り返すとは限らないので,葉層(laminae)の形成で規則的な周期性との関係を避けるために,リズマイト(rhythmite)の代わりにラミナイトという語を用いた[Knopf : 1951].(2) ロンバルド葉状の堆積物で,特にフリッシュ(flisch)相に伴われる砕屑岩で,種々の形式の葉理構造をもつものとした.頁岩と互層するラミナイトIと,単層の内部で葉理構造が見られるラミナイトIIとに区分される[Lombard : 1963].ラミナイトIIはタービダイトの内の上部に見られる葉理で特徴づけられる部分のみが特に発達したもの[木村ほか : 1973].(3) 葉状(laminated)の火成岩で,普通はガラス質の組成をもつ岩石[Philip : 1936].(4) 成因は問わずに細かい葉理が発達した砕屑岩をいう[地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android