コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕屑岩 サイセツガン

百科事典マイペディアの解説

砕屑岩【さいせつがん】

堆積岩の一種。風化により生成された岩石や鉱物の破片(砕屑物)が,陸上あるいは水中において機械的に堆積してできたもの。堆積岩中最も普通にみられる。砕屑物の大きさにより礫岩(れきがん),砂岩泥岩に3分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

砕屑岩

既存の岩石の破片からなる岩石.機械的に運ばれてきた岩屑物質からなる岩石で,礫岩,砂岩,シルトなどが含まれる[Green : 1877, Krumbein & Sloss : 1951].ギリシャ語のklastosは破壊されたの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいせつがん【砕屑岩】

岩石の砕屑が集まって固まった堆積岩。礫れき岩・砂岩・泥岩など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砕屑岩
さいせつがん
clastic rocks

地表の岩石が風化、侵食により破砕されて、元の岩体から分離して生じた砕屑物が、移動し集積してできた岩石の総称。砕屑物は火山作用によってもつくられるが、それが集積してできたものは火山砕屑岩または火砕岩として区別されている。砕屑物には大きな岩塊から、水中でなかなか沈殿しない細かなものまであり、粒径に応じて運搬されるときの水流の強さが違うことから、砕屑物は粒子の粗さで細分されている。それらは礫(れき)(粒径2ミリメートル以上)、砂(すな)(粒径0.06~2ミリメートル)、シルト(粒径0.004~0.06ミリメートル)、粘土(粒径0.004ミリメートル以下)である。固結した砕屑岩では、主要な構成粒子の粒径にしたがって、それぞれ礫岩、砂岩、シルト岩、粘土岩が区分される。シルトと粘土は肉眼では識別できない場合が多いため、まとめて泥岩あるいは頁岩(けつがん)とよぶことが多い。砕屑岩は地層をつくる代表的な岩石で、砕屑物を堆積(たいせき)の場まで運んだ媒質の違いから、水成岩、風成岩、氷成岩を区別することがある。砕屑物の岩石学的あるいは鉱物学的特徴は、砕屑物を供給した後背地の地質、堆積するまでの環境や時間、堆積の仕方などを反映しており、堆積構造とあわせて当時の古環境解析の手掛りとなる。[斎藤靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砕屑岩の関連情報