ラムセス9世(読み)ラムセスきゅうせい(英語表記)Ramses IX; Ramesses IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス9世
ラムセスきゅうせい
Ramses IX; Ramesses IX

古代エジプト第 20王朝9代目の王 (在位前 1140~前 1121) 。ラメッセス9世とも呼ばれる。王の治世は多くの問題を抱え,高級神官アメンホテプが強大な実権を握り,穀物価格は高騰を続けた。さらに治世8年目頃からリビア人の侵入によってテーベも脅かされた。神殿を建造する者たちのサボタージュ,組織的な墓地盗掘が横行し,セティ1世,ラムセス2世の墓さえ盗掘された。しかしヌビア地方はまだ支配下にあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android