コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抱え カカエ

デジタル大辞泉の解説

かかえ〔かかへ〕【抱え】

だきかかえること。多く接尾語的に用いて、人が両腕でかかえるほどの大きさ、太さを表す。「二(ふた)抱えもある大木」
御抱(おかか)え
年限を定めて雇っておく芸者や娼妓(しょうぎ)。⇔自前(じまえ)
抱え帯」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かかえ【抱え】

[0] ( 名 )
〔動詞「抱える」の連用形から〕
(多く「おかかえ」の形で)召しかかえること。雇うこと。また、その人。 「お-の運転手」
「かかえおび」の略。
( 接尾 )
数を表す語に付いて、両手でかかえるほどの大きさを示すのに用いる。 「一-の薪」 「三-もある大木」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抱えの関連情報