コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラモンクレーター ラモンクレーター Ramon Crater

1件 の用語解説(ラモンクレーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラモン‐クレーター(Ramon Crater)

イスラエル南部、ネゲブ砂漠にある広大な窪地。ベールシェバの南約85キロメートルに位置する。幅10キロメートル、長さ40キロメートルにわたって深さ500メートル近い谷が広がる。クレーターとよばれるが火山や隕石の落下とは無関係で、主に地殻変動と浸食によって形作られたものと考えられている。ラモーンクレーター。マクテシュラモン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラモンクレーターの関連キーワードヤッファイスラエルロビー希伯来イスラエル交響曲イスラエル室内管弦楽団パレスチナ情勢ネゲブベール・シェバ香料の道-ネゲヴ砂漠都市聖書時代の遺丘群-メギッド、ハツォール、ベエル-シェバ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone