コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地殻変動 ちかくへんどうcrustal movement

6件 の用語解説(地殻変動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地殻変動
ちかくへんどう
crustal movement

地殻に起こる急激な,または緩慢な動き,およびそれによる変化の総称。地殻運動ともいう。規模はさまざまで,広大な地域の陸地の隆起沈降,これに伴う褶曲断層運動火山の噴火などかなり長期間にわたる大規模なものから,地震によって短期間に急激に起こる土地の隆起や沈降,長期間の水準点の観測によって確かめられるようなものまである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちかく‐へんどう【地殻変動】

地球内部のエネルギーによって地殻が変形・変位を起こす運動。隆起沈降造山運動地塊運動など。
(比喩的に)諸活動の基盤となる方式・組織が変化すること。「パチンコ業界に地殻変動が起こっている」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

地殻変動【ちかくへんどう】

測地測量によって認められる現在の地殻の変形・変位,上下変動,水平変動,傾斜変化,伸縮など。地震に伴って特に顕著に現れる。地殻運動と同義に用いられることも少なくない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちかくへんどう【地殻変動 crustal movement】

地殻が時間とともに変形する現象で,その原因が固体地球内部にあるもの。直接の原因が地球外部にある場合でも,広範囲な地殻の変形を誘発する場合ならば,これを地殻変動と呼ぶ。地震動,地球の自由振動地球潮汐のような振動的変形は地殻変動に含まれない。また堆積,浸食,隕石孔の形成,集中豪雨による地すべりや工業活動に原因する地盤沈下なども地殻変動とは呼ばない。 地殻変動は,断層運動のように短時間に発生する現象から,長い地質時代を通してゆっくりと進行する造山運動まで,幅広い帯域にわたる特徴をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちかくへんどう【地殻変動】

地殻に生ずる動き。また、それによって起こる種々の変形・変位。隆起・沈降、断層や褶曲、造山運動など。
比喩的に、ある社会や組織の中で、深部から生ずる力による変化をいう。 「政界の-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地殻変動
ちかくへんどう

地球の表面を形づくっている地殻が変形する現象。この変形はゆっくりとおきたり、急激に生じたり、いろいろの場合があり、変形に伴って、地殻の一部が破壊されることもある。地殻変動の結果、土地の隆起や沈降、傾斜や伸縮がおこり、断層や褶曲(しゅうきょく)が生成し、さらに造山運動といった大規模な変形も生じる。このように地殻の動きの結果として生じた構造のことも、地殻変動ということが多い。同じ地殻の動きであっても、地震の振動や地球潮汐(ちょうせき)による周期的変形は、通常は地殻変動には含めない。
 地殻変動の生じる原因は明らかではないが、いずれにしても地球の内的エネルギーによるものであり、マントル対流の影響が大きいのではないかと想像されている。大地震に伴って明らかな地殻変動の生じた例は多い。1891年(明治24)の濃尾(のうび)地震の際の根尾谷(ねおだに)断層の生成、1923年(大正12)の関東大地震のときの南関東一帯の隆起と水平移動、1964年(昭和39)の新潟地震に伴う粟(あわ)島の傾動などは有名で、同様な例はほかにも多い。このようにはっきりした変化ではなく、地震を伴わずに、ゆっくりとわずかずつおこっている地殻変動もある。こうした緩慢な変動が存在することは、精密な観測、測量を行うことによって初めてわかってくる。
 変動が非常にゆっくりしている場合や、急激に生じたものでも変動量が小さい場合には、あまり大きな影響はないように思われがちである。しかし、それが長期にわたって継続し繰り返されるならば、全体では非常に大きな変動となり、その結果が明らかに観察できるようになる。たとえば、海中で堆積(たいせき)した堆積岩が高山でみられたり、二つの地層の上下が逆転していたり、もともと一つにまとまっていた地質構造が水平断層によって何キロメートルも離れてしまうなどの現象である。現在の大きな山脈は、すべてこうした過去の小さな地殻変動の積み重ねでできたものである。このことは、現在の地殻の形成には、過去の地殻変動が、無視できない大きな役割を果たしてきたことの証明でもある。
 現在、地殻変動の観測は、主として地震予知のために行われている。大規模な地震は、その発生に先だって地殻の隆起などの小さな変動を引き起こしていることがあり、新潟地震や1980年の伊豆半島東方沖地震では、地震の前兆と思われる変動が確認されている。そのため、地震の予想される地域で地殻変動を監視することが、地震予知の手段の一つとして重要視されている。そして、精密水準測量、光波測量、精密重力測量などの繰り返し、地下観測坑における地殻の傾斜、伸縮観測が精力的に実施されている。さらに広域の地殻変動を検出する最新の手段として、VLBI(超長基線電波干渉法)やGPS衛星(Global Positioning System=全地球測位システム)を利用して高精度の位置測定をする方法が実用化されつつある。1990年代に入って、かなりの規模の地殻変動が、一瞬におこるのではなく、数十秒の時間をかけて生ずる場合のあることがわかってきた。これはヌルヌル地震などとよばれ、あまり大きな地震を伴わずにおこる。しかし海底でこの変動が生じると津波は押し寄せるので、この種の地殻変動の検出と対策が急がれている。[長沢 工]
『木村政昭著『地震と地殻変動 琉球弧と日本列島』(1985・九州大学出版会) ▽木村政昭著『噴火と地震――揺れ動く日本列島 群発地震と火口底上昇で地殻変動を予測する』(1992・徳間書店) ▽米倉伸之編著『環太平洋の自然史』(2000・古今書院) ▽木村敏雄著『日本列島の地殻変動 新しい見方から』(2002・愛智出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地殻変動の言及

【火山観測】より

…火山活動を機器を用いて観測すること。地震観測,地殻変動観測,電磁気的観測,熱的観測,重力測定等の地球物理学的諸観測のほか,火山ガス,地下水,温泉水等の化学的測定がある。マグマが地下深部から上昇し,マグマ溜りの圧力が増大し,さらに火道を上昇してくるに伴い,諸種の現象が生じる。…

【地震】より

…地震の直後に気象庁が発表する震源地は震央の地名であるから,○○沖地震というように震央が海域の地震でも,震源域は内陸に及んでいることもある。震源域の位置や形は,その地震の後に起こる多数の余震の震源の分布や,地震に伴う地殻変動その他を分析して求められる。 地震には震源がほとんど地表付近のごく浅い地震から,700kmも深い所に起こるものまで,さまざまな深さのものがある。…

【中生代】より

…とりわけ三畳紀ではコノドント,ジュラ紀では放散虫,白亜紀では浮遊性有孔虫,ナンノプランクトン,放散虫が化石層位学にきわめて有効であることが知られ,中生代の地史の解明に大いに役立っている。
[地殻変動]
 西ヨーロッパの標準地域をはじめ,各大陸の安定した基盤がある地域では,中生代の地層はわずかに傾斜している程度で,ほとんど褶曲や変形を受けていない。これに対して,各大陸の縁辺部の基盤が不安定な地域ではしばしば強く褶曲し,時には変成作用を被った中生層が見られる。…

※「地殻変動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地殻変動の関連情報