コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラワルピンディー Rāwalpindi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラワルピンディー
Rāwalpindi

パキスタン北東部,パンジャブ州,ラワルピンディー県の県都。名称は「ラワル族の村」の意。カシミールの山岳地帯に続く丘陵上に位置する。インドと西南アジア,カシミールとパンジャブを結ぶ交通の要地にあたり,古くはラワル族の首邑であったといわれる。周辺にはガンダーラやタキシラ王国などの遺跡が多い。一時,ムガル帝国の軍に破壊されたが,1765年にシク族のミルカ・シングが再建。第2次シク戦争によってイギリス領とされてからは,軍事拠点として重視された。 1959年に北東 14kmに首都イスラマバードの建設が決ったが,その建設中 (1959~69) は首都の役割を果した。中国,インドとの紛争が続くカシミールへの入口にあたるため,陸軍司令部と大規模な兵営がおかれている。工業化も進み,鉄道修理,石油精製,製鋼,食品加工,繊維などの工場がある。アユーブ国立公園,パンジャブ大学のカレッジ,陸軍医学校などが所在。人口 79万 4843,大都市圏人口 129万 9000 (1981推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラワルピンディーの関連キーワードアフガニスタン史アボッタバードタキシラ遺跡ノウシェラソルト山脈グジラートミアンワリブットーマルダンジェルムコハトバー

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android