コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランジュヴァンの常磁性理論 Langevin's theory of paramagnetism

1件 の用語解説(ランジュヴァンの常磁性理論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ランジュヴァンの常磁性理論【Langevin's theory of paramagnetism】

物質を永久電気双極子の古典的な群と見なして,それらの間に相互作用がなく,外部の場との相互作用のエネルギーボルツマン分布*に従うものとした理論.温度 T,外部磁場 H における常磁性物質の磁化の強さ I は次の式で与えられる.

ここで N は単位体積中のイオンの数,M はイオンの磁気モーメント,kボルツマン定数*である.この式に含まれる関数coth x-1/xランジュヴァン関数*と呼ばれ,Lx)で表すことが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランジュヴァンの常磁性理論の関連キーワード永久電流双極子磁性極性分子磁気双極子電気双極子デバイ効果デバイの式(双極子モーメント)ランジュヴァン関数ランジュヴァン‐デバイの式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone