コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランジュヴァンの常磁性理論 Langevin's theory of paramagnetism

法則の辞典の解説

ランジュヴァンの常磁性理論【Langevin's theory of paramagnetism】

物質を永久電気双極子の古典的な群と見なして,それらの間に相互作用がなく,外部の場との相互作用のエネルギーはボルツマン分布*に従うものとした理論.温度 T,外部磁場 H における常磁性物質の磁化の強さ I は次の式で与えられる.

ここで N は単位体積中のイオンの数,M はイオンの磁気モーメント,kボルツマン定数*である.この式に含まれる関数coth x-1/xランジュヴァン関数*と呼ばれ,Lx)で表すことが多い.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ランジュヴァンの常磁性理論の関連キーワードランジュヴァン関数ボルツマン分布ボルツマン定数ボルツマン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android