コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁化 じかmagnetization

翻訳|magnetization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁化
じか
magnetization

磁場により磁性体内に生じた分極磁気分極ともいう。磁化された磁性体の中の点Aのまわりに微小な部分をとり,その部分における一定に分極した双極子の密度を N磁気モーメントm としたとき,点Aにおける磁化 MMNm で与えられる。真空の透磁率を μ0 とするとき,磁化 M と磁場 H磁束密度 B との関係は,SI単位では M=μ0χmHm は磁化率) ,B=μ0HMガウス単位系では M=χmHBH+4πM となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐か〔‐クワ〕【磁化】

[名](スル)
磁界内に置かれた物体が磁気を帯びた状態になること。また、その強さ。帯磁
陶磁器の生地が溶けてガラス状になること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁化【じか】

(1)帯磁とも。物体が磁気を帯びた状態にあること。常磁性体や反磁性体(磁性体)は磁場の中におかないと磁化しないが,強磁性体では外部に磁場がなくても自ら磁化している(自発磁化)。
→関連項目磁化率磁気異常磁石常磁性磁歪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じか【磁化 magnetization】

物質が磁気を帯びることを意味する場合もあるが,ふつうは物質の巨視的な磁気モーメントを指し,通常,単位体積当りの巨視的な磁気モーメントで定義される。物質の磁気的性質は主として電子の磁気モーメントに由来しているが,電子がもつ非常に小さい微視的な磁気モーメントが多数集まって,その総和として巨視的に物質が示す磁気モーメントを磁化と呼ぶのである。磁化は物質の磁性を特徴づける基本的な量の一つである。強磁性の場合を除いて,一般に熱平衡状態では物質の磁化Mは磁場Hを加えなければ0で,磁場を加えると磁場に比例して磁化が生ずる(M=χH)ことが知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じか【磁化】

磁界中の物体が磁気を帯びること。また、その結果生じた単位体積当たりの磁気モーメント。帯磁。
高温で焼いた物の素地きじが磁器質になること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁化
じか
magnetization

物質を磁場の中に置いてそれを磁石にすること、つまり磁気モーメントを与えることをいうが、またそのようにして得られたその物質の単位体積当りの磁気モーメントも磁化(ベクトル)という。
 磁化されていない物質を、強さがHの磁場の中に入れたとき、その物質の磁化はMとなり、普通の物質ではMはきわめて小さく精密な計器でないと測れないが、MHに比例する。鉄などのように強く磁化されるもの(強磁性体)ではMHに比例せず、Hが大きくなるとMは飽和し、またヒステリシスの現象がみられる。MHとの比を磁化率とよび、また帯磁率とよぶこともある。MHとが比例するときにはもちろんこの比χは一定であるが、強磁性体ではχは磁場の関数である。ある強磁性体の最大のχを最大磁化率という。χは物質によって異なり、また温度によっても変化する。室温で強磁性体である鉄などではχは数十ないし数十万の値をとるが、多くの物質では100万分の1程度の小さなものであり、正のもののほか負のものもある。
 強磁性体の単結晶ではとくに磁化しやすい方向がある。たとえば鉄単結晶では、ミラー指数の(100)方向のχが大きい。これを磁化容易方向という。微細に調べると強磁性体は、実は小さな領域ごとに、外部の磁場によらずに自発的に磁化していることが明らかにされ、その磁化を自発磁化という。普通に鉄などを磁化するというのは、ばらばらの方向を向いている小領域の磁化方向を一方向にそろえることであって、これをとくに技術磁化とよんで自発磁化と区別することもある。
 磁化の測定は、古くは不均一な磁場中で物体が受ける力を測定する磁気天秤(てんびん)という機器で行われていた。1980年代後半ごろからは、SQUID(スキッド)(超伝導量子干渉素子)を用いた磁束計が普及し、微小試料の磁化をきわめて高感度で測定できるようになった。SQUIDは、ジョセフソン効果を応用した素子であり、素子を貫く磁束の数を数えることができる。[宮原将平・佐藤博彦]
『島田寛・山田興治編『磁性材料――物性・工学的特性と測定法』(1999・講談社) ▽浜口智尋著『電子物性入門』(1999・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磁化の言及

【分極】より

…誘電体を電場の中においたとき,または磁性体を磁場の中においたとき,前者では正,負の極に,後者ではN,Sの極に分かれる現象をいい,誘電体の場合は電気分極,磁性体の場合は磁化と呼ばれる。強誘電体では自発分極をもつ分域に,強磁性体では自発磁化をもつ磁区に分かれており,結晶全体としては,電気分極が部分的に打ち消されたり,磁化がほとんど完全に打ち消されたりしている。…

※「磁化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁化の関連キーワードボーア‐ファンリューヴェンの定理ヴィーデマンの法則スピナー型磁力計磁気ヒステリシスパスカルの加成則ヴィラーリ効果ブロッホの磁壁ヒステリシス自然残留磁気磁気てんびん等温残留磁気自然残留磁化堆積残留磁気磁気異方性磁気感受率質量磁化率分子磁化率熱残留磁気モル磁化率最大磁化率

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁化の関連情報