コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランセン石(藍閃石) らんせんせきglaucophane

世界大百科事典 第2版の解説

らんせんせき【ランセン石(藍閃石) glaucophane】

アルカリ角セン石の代表的な鉱物。化学組成はNa2(Mg,Fe2+)3Al2Si8O22(OH)2で表される。MgとFeは任意に混ざりあう。Feの多いものは鉄ランセン石ferroglaucophaneと呼ばれる。Alは連続的にFe3+と置換することができるが,中間的な組成の角セン石はクロス(角)セン石crossite(青セン石ともいう),Fe3+が多い場合はリーベック(角)セン石riebeckite(曹セン石ともいう)と区別して呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のランセン石(藍閃石)の言及

【角セン石(角閃石)】より

…カンラン岩などの超塩基性岩にも含まれている。(3)にはランセン石,リーベックセン石riebeckite,アルベゾンセン石arfvedsonite,カトフォルセン石katophorite,リヒテルセン石richteriteが含まれる。リヒテルセン石は(2)に属する透セン石Ca2Mg5Si8O22(OH)2のCaを二つのNaで置き換えたものである。…

※「ランセン石(藍閃石)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ランセン石(藍閃石)の関連キーワードアルカリ角セン石

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android