色調(読み)しきちょう

精選版 日本国語大辞典 「色調」の意味・読み・例文・類語

しき‐ちょう ‥テウ【色調】

〘名〙 色彩濃淡強弱対照などのぐあい。また、比喩的に物事感じやぐあいをいう。傾向色合(いろあい)トーン
ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「一々の写象に性欲的色調を帯びてゐるとでも云ひさうな風なのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「色調」の意味・読み・例文・類語

しき‐ちょう〔‐テウ〕【色調】

色の濃淡・明暗・強弱などのぐあい。色合い。「落ち着いた色調の服」
[類語]色合い色彩トーン色相色目彩り彩色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「色調」の意味・わかりやすい解説

色調
しきちょう
colour tone

色合いともいう。赤,緑,青などの色の感覚的側面をさす。したがって,色相とほぼ同義であるが,通常は,明度飽和度とを含む色の調子をさすのに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通 「色調」の読み・字形・画数・意味

【色調】しきちよう

色あい。

字通「色」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

栄養・生化学辞典 「色調」の解説

色調

 色の属性で,色の調子といわれる.明暗,強弱などを含む特徴

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android