コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広域変成岩 こういきへんせいがんregional metamorphic rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広域変成岩
こういきへんせいがん
regional metamorphic rock

広域変成作用によって生じた変成岩。多くは地向斜堆積物が地下深部に埋没して高温高圧になったあと,造山運動によって変形運動を受けて生じたものである。したがって造山帯の中軸部に,造山帯の延長方向に連続的に分布する。広域変成岩は千枚岩片岩片麻岩ミグマタイトなどの岩型に分類され,変成帯の外側から中心部にこの順で分布することが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

広域変成岩の関連キーワードプレキネマティック組織パイロクスマンガン石キン青石(菫青石)ゴルトシュミットカミントン閃石テクトナイト加水ざくろ石接触変成作用花崗岩化作用カナダ楯状地御荷鉾変成岩プレトゥル石クロリトイド藍閃石片岩相ホランド鉱緑色片岩相ゾイサイト輝石片麻岩方向性模様イスア岩体

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android